水戸市議会における議会改革等の取り組み

※現在の議員の任期中の取り組みを掲載しました

   

【 政務調査費支出の透明化 】

 平成19年5月より、政務調査費の領収書添付を義務化するとともに、政務調査費支出等審査会を設置しました。また、同年8月に、政務調査費の使途基準等について、外部有識者5名に対し、政務調査費の使途基準等の調査を依頼し、同年9月に答申を得ました。その使途基準等に基づき、毎年度、各会派等の支出状況について、同審査会に審査を実施いただいております。

   

【 定例会日程予定表のポスター掲示 】

 平成19年12月より、市庁舎内及び出先機関等において定例会日程予定表のポスターの掲示を始めました。

  

【 傍聴席の車いす席設置と手話通訳の開始 】

 平成20年3月定例会より、車いす(3席)での傍聴と事前の申請により手話通訳による傍聴ができるようになりました。

    

【 議会事務局組織の改編 】

 平成20年4月より、議事課調査係を議事課法制調査係に改編しました。

 

【 政治倫理条例の制定 】

 平成20年9月定例会において、公正で開かれた民主的な市政の発展に寄与することを目的に、水戸市議会政治倫理条例を制定しました。

  

【 本会議のインターネット配信 】

 平成21年9月定例会より、本会議のインターネット配信(ライブ及び録画)を開始しました。

   

【 費用弁償の支給停止 】

 平成21年9月定例会において、市議会議員の費用弁償を平成22年4月1日より当分の間、支給をしないことを決定しました。

   

【 議員定数の削減 】

 平成21年12月定例会において、現下の厳しい経済情勢にかんがみ、議会改革を推進するために、現在の議員定数30人から2人削減し、定数を28人とすることを決定しました。
 これにより、今年4月の市議会議員一般選挙から議員定数が28人となります。

   

【 議長交際費の公開 】

 平成22年4月より、議長交際費について、ホームページでの公開を始めました。

   

【 議員報酬の日割計算の導入 】

 平成22年9月定例会において、議長、副議長及び議員それぞれの議員報酬について、在職期間に応じた日割計算を導入することを決定しました。

  

【 常任委員会のインターネット配信 】  
※実施方法及び時期等については、今後協議します

 平成22年11月に開催された水戸市行財政改革及び議会改革等調査特別委員会において、常任委員会の録画によるインターネット配信を実施すべきとの結論を出しました。

  

【 常任委員会及び特別委員会の会議記録の公開 】  
※実施方法及び時期等については、今後協議します

 上記の特別委員会において、常任委員会及び特別委員会の会議記録をPDFファイルによりホームページで公開すべきとの結論を出しました。